マタオルティス陶器| ウイチョルアート-マラカメ

マタオルティス陶器

マタオルティスチワワからの高品質の落書きセラミック

Juan Mata Ortizは、メキシコのチワワ州から北西にわずか300キロ離れた小さな町です。 陶器を専門とする約600の家族が住んでおり、現在生み出されている最も並外れた仕事を生み出しています。 それぞれの陶芸家は、XNUMX年前にパキメ市で作られたのと同じ方法で作品を作りますが、今日の陶芸家は、革新的なデザインと独自のスタイルの開発を取り入れています。

Mata Ortiz Potteryは、パキメ文化で使用されている先祖代々の技法で作られ、鉛フリーのミネラルペイントと子供用ヘアブラシでデザインされています。 これらの作品は、約XNUMX〜XNUMXか月で完全に手作業で作られ、燃焼段階でポプラの木の樹皮とブニガ(乾燥牛糞)を使用して適切な温度を達成し、それらを特徴付ける素朴な燃焼のスタイルを維持します。

ポットを作るために、陶芸家はまず粘土のトルティーヤを練り、指で圧縮して浅い板状のプラスターマトリックスを作ります。 縁から余分な部分を切り取った後、厚い粘土の細片を作り、型の輪と同じ円周の輪を作るために両端を結合します。 彼らはこの大きな環状の「チョリソ」を型の端に置き、それをその周りのトルティーヤに取り付けます。 指で押し上げて壁を形成します。 次に、形状を調整して表面を一致させます。 壁は、のこぎりの歯で外面をこすり、内面から指で押しながら均等に薄くします。 完成した器に触れると、内部を形作ったアーティストの指を感じることができます。



電話およびWA:+521 443 366 92 41 
営業時間:月曜日から土曜日の午前9時から午後20時










Comprar ahora その他の支払いオプション 今すぐ購入