マタオルティス陶器| ウイチョルアート-マラカメ

マタオルティス陶器

マタオルティスチワワからの高品質の落書きセラミック

フアンマタオルティスは、メキシコのチワワ州にある町で、カサスグランデスの南西約35キロ、パキメとコロニアフアレスの遺跡の近くにあります。 それで生産された陶器で有名です。

人口は、チワワの兵士であるフアンマタオルティスに敬意を表して、XNUMX世紀に地域のアパッチ族の戦闘で名声を得ました。 「エルインディオ」として知られる丘のふもと、カサスグランデス川のほとりの谷間にあります。



彼らが使用する技法のXNUMXつは、完全な還元と平滑化、低温技法、またはXNUMXつの方法で使用するグラファイトの技法です。スリップの大部分として、すでに磨かれた部分に乾燥粉末で適用されます。 どちらの場合も、破片を乾燥させてから再び磨きます。

ポットを作るために、陶芸家はまず粘土のトルティーヤを練り、指で圧縮して浅い板状のプラスターマトリックスを作ります。 縁から余分な部分を切り取った後、厚い粘土の細片を作り、型の輪と同じ円周の輪を作るために両端を結合します。 彼らはこの大きな環状の「チョリソ」を型の端に置き、それをその周りのトルティーヤに取り付けます。 指で押し上げて壁を形成します。 次に、形状を調整して表面を一致させます。 壁は、のこぎりの歯で外面をこすり、内面から指で押しながら均等に薄くします。 完成した器に触れると、内部を形作ったアーティストの指を感じることができます。



電話およびWA:+521 443 366 92 41
営業時間:月曜日から土曜日の午前9時から午後20時










Comprar ahora その他の支払いオプション 今すぐ購入